リビングコンシェルジュブログリビングコンシェルジュブログ

アイコトバは『西武開発の紹介です』

  • カリモクのこと

こんにちは。

 

 

20代の頃はフォードで営業をしていたミカミです🚘🚖

 

 

マスタング ・  トーラス  ・ エクスプローラー を販売していました。

メカニックな部分は分からなかったけど、車が好きだからという安易な理由で就きました。

 

 

当時は女性の営業マンて珍しくて、若さとノリと気合いだけで売ってましたね💧

 

きっかけはミカミが高校時代、従兄弟の兄が免許を取得してすぐGTRを購入したのです。

(18歳でいきなり新車のGTRって・・・💧)

 

日産HPから引用

 

色もブラックのR32!まさにコレ ↑↑

 

当時、スポーツカーの憧れともいえるこの車の助手席に乗せてもらい、

 

唸るエンジン音と加速時のスピードに一気に痺れました😍

 

✨✨なんてかっこいいんだーーー!!🚗✨✨

 

 

そこから車に興味を持ち、街ゆく車の名前はだいたい言えるほどになりました。

17歳で運転出来るわけないのに本屋さんでカーセンサー買ったりとか・・・😓

 

そんな車好きが講じて生業にしてしまったというオチでございます。

 

 

常に車に携われたことも嬉しかったですが、

お客様とのコミュニケーションから信頼関係を築いたことで学んだ経験・知識が、その後の糧になりました。

 

 

 

消費税が3% → 5% にUPする前の駆け込み購入の忙しさはよく覚えています😱

週に2回は申込書を書いて頂いていました。

 

数万円違うって大きいですもんね。

 

 

その消費税も10%に上がるし、またきっと駆け込みがあることでしょう。

 

 

かくいうミカミも車を検討している一人。。。

 

 

 

 

おっと・・・ 余談が過ぎました😅

本題入ります。

 

 

来月、またイベントやっちゃいます🤞

 

11/  10111718

 

いずれも

 

10:00 ~ 18:00

 

カリモク家具 多摩ショールーム

東京都羽村市栄町3-3-7

 

 

 

なんと2週に渡っての開催!!

 

 

 

🎈11日(日)バルーンアートの先生がきてリクエストにも応えてもらえますよ🎈

 

これはお子様大喜び😍😍😍

 

 

西武開発担当のKさんからの情報ですが・・・

 

(小声)🤭ここではいえないショールーム特別企画も用意しているそうですよ✨🤫

 

 

 

 

学習机のフェアも同時開催。 名入れでオンリーワンのご成約プレゼントもあります。

 

 

 

もちろん、

西武開発にしかできない特別な見積りでご提供します!!

 

そのための合言葉は・・・

 

西武開発の紹介です

 

↑↑ この相言葉をショールームの受付でおっしゃって下さい。

 

 

ご来場の際は図面をお忘れなく☝🏼

 

 

 

ショールームで是非体感して下さい👍

 

 

何度も言いますが、合言葉は・・・

 

 

 

『西武開発の紹介です』

 

 

お忘れなく😎

 

 

当日、ミカミがお待ちしています🍀

木と人を結ぶ国産家具メーカー

  • カリモクのこと

遠出した先で道の駅を見つけると寄らずにはいられないミカミです。

 

道の駅って楽しくないですか?🎶

 

地場の新鮮野菜がリーズナブルに購入できるし、

 

その土地の特産物や文化を知ることが出来て、

場所ごとに新しい発見があるので、最低2周はフロアを回ってますね。

 

お土産なんかもそこで買ったりすることが多いです。(とはいえ、我が家用が圧倒的に多かったりします😅)

 

最近では夏休みに新潟の日本海側に行きました。

 

当然道の駅に立ち寄ることも旅の醍醐味😃4箇所も行っちゃいました。

特にオススメはこの時期なら新潟最北端 村上市の『道の駅笹川流れ 夕日会館』です。

『岩牡蠣』と『笹川流れの塩』が名物で、屈指の透明度を誇る海、そこに沈む夕日は絶景です🌊

 

10年以上前に訪れたときの岩牡蠣の美味しさが忘れられず、

岩牡蠣と絶景の為に走行距離370km ・ 4時間の道のりを走りました🚙💨

 

 

皆さんのオススメ道の駅があったら教えてください🅿

 

 

 

 

前回、前々回と西武開発が代理店の家具メーカーのご案内をしています。

 

前回はフランスベッドをご紹介しましたよね。

 

 

 

今日は

 

をご紹介。

今さら!? という声も聞こえてきそうですが、まあまあそう言わず・・・💧

 

 

カリモク家具の名前の由来は『刈谷木材工業』の略です。

 

戦後の昭和22年に愛知県刈谷市に設立した歴史の長い会社です。

 

 

 

リビングコンシェルジュにいらっしゃっていただいたお客様に『カリモク家具』というメーカーはご存知ですか?と聞くと、

 

半数の方が『聞いたことはある』・『どこかのお店で見たことがある』・『今の家で使っています』などのお返事を頂きます。

 

 

ご存知の方は 『カリモクって高いですよね』 とおっしゃいます。

 

 

確かに。 価格だけ見たらリーズナブルとは言い難いです。

 

 

平均購入価格帯はソファで20~30万円、 テーブルと椅子4脚のダイニングセットが30~35万円です。

 

ですがそれにはちゃんと理由があります。

 

 

 

カリモクは原料となる木材から徹底的に品質管理されています。

 

 

例えば木部に関しては、含水率を調整して『反り』『割れ』を抑制し、製品として加工できる状態までに1年以上を要します。

 

その状態から品目ごとに愛知・岐阜にある5つの専用工場で注文が入ってから生産を開始します。

 

カリモクHPから引用

 

 

カットなど大まかな工程は機械に任せますが、表面の調整や仕上げは熟練した職人が必ず関わって作り上げています。

 

塗装工程はなんと6回塗り重ねられて初めて仕上がります。

 

 

これももちろん人の手と厳しいチェックの目が入ります。

 

 

職人の技術による微調整がなければ製品は完成しません。

 

 

 

革張りソファも『革漉き(かわすき)工程』というフチの部分を薄く漉くことで、

 

縫い合わせたときに線がきれいに出るように、普通は見えない部分に一手間加えています。

 

 

この手間があるのと無いのとで座り心地に大きな差が出てくるのです。

 

 

プラモデルのようにカットされた革パーツを、一つ一つ職人が革漉き後に手作業で縫っているんですよ😲

 

家具メーカーは中のウレタン(シート部分のスポンジ素材)は外注しているところが多いのですが、

 

カリモクは自社でウレタンを作っています。

 

座椅子とか、へたりが出てきて骨組みが体に当たって痛いなんて経験ありませんか?

 

あれはウレタンの気泡の密度が浅いからすぐ潰れてしまうのです。

 

 

カリモクでは気泡密度が非常に高いウレタンを使用。

 

ミカミの拙いイラストで説明するとこんな感じ ⬇

 

 

 

ショールームでもその違いはお試しいただけます。

 

カリモクショールームパネルより引用

 

 

カリモクの商品なら個人の感覚や使用状況にもよりますが、20年30年は普通に使用できると言われています。

 

 

実際、ミカミの実家でカリモクのダイニングセットを使用していますが、

 

25年経った今でも木部等なんら支障がありません。

 

 

 

そして、無垢材特有の経年による色の変化なども楽しみの一つです。

 

 

 

また、木部と張地はお好みにあわせてカラーが選べ、バリエーションが多彩なので、

お客様は皆、カラー選びをじっくり考えます😀🎶

 

 

 

デザインは流行を追ったようなものでなく、いつの時代にも愛される飽きのこないデザインなので、

どんなお宅でもすぐに馴染むことでしょう🍀

 

 

 

カリモクのショールームは全国に23箇所。

東京お台場羽村市

埼玉上里町川口市にあります。

 

 

お近くのショールームで気軽にご覧いただけますので、

是非見て・触れて・体感してみて下さい!

 

 

 

ミカミがショールームで一緒に家具選びのお手伝いもしますよ🎶

 

簡単に買い替えが利かないものだからこそ、失敗は出来ない家具。

 

お客様目線でアドバイスさせていただきます👍

 

 

 

ミカミのショールーム案内予約はこちらへ

 

 

 

カリモクのものづくりへのこだわりと、使い心地に必ずご満足いただけるはずです!!!

 

新作発表会に行ってきました@カリモク新横浜ショールーム

  • カリモクのこと

休みの日は庭の草と虫と格闘しているミカミです。

 

 

この時期は雨が降らなければ毎週草むしりしてる気がします😟

 

頼んでないのにどんどんと生えてくる雑草のたくましさといったらもう・・・🌱🌱🌱

 

それに季節も手伝って成長の早いこと早いこと。追いつきません💧

 

庭の一角で夏野菜も育てているので、それはまた次のブログで。

 

 

 

さてさて、本題へ移りましょうね。

 

 

6月13日、カリモク家具新横浜ショールームの新作発表会に訪れました。

 

このイベントは毎年この時期に招待いただいています。

 

こんなときじゃないとなかなか新横浜に来ることがありません。

 

新横浜ショールーム外観

外観はこんな感じで10階建て。

 

新横浜駅北口を出ると左手にそびえ立っているのですぐ分かります。

 

このうちの7フロアはショールームになっているので、展示数が多く見ごたえたっぷりですよ。

 

 

2018年新作のコンセプトは

 

『もっと楽しむ マイスタイル』

 

【デザイン】 【マテリアル】 【シェア】

をキーワードに自分らしさを取り入れたこだわりの空間づくりの提案です。

 

この3つのキーワードで一番印象的だったのが【デザイン】分野のニューアイテム

 

≪ KUNST(クンスト)≫です。

私が撮った方だと全体が分かりづらいのでこちらを・・・

 

※画像:カリモクHPから引用

 

これまで見てきたカリモクのデザインからは想像できなかった、

 

イノベーションといっても過言ではない新しいスタイルが登場しました。

 

デンマークと日本のデザイナーによる曲線が特徴的なプロダクト。

 

背もたれから木肘まで流れるような一体化したライン。美しい・・・😍😍😍

 

もはやこれはARTを感じる・・・

 

って思ったら『クンスト』とはデンマーク語で美術やアートという意味なんですって。

 

ほ~ 納得。

 

「クンスト カリモク」の画像検索結果

 

張地だってよくよく考えてみてください。

 

継ぎ目を感じさせない背もたれと木肘まで滑らかなフォルムなのに、

 

張地が浮いていたり、よれていたり、余計なシワが一切無いんです!

 

普通は張っただけなら浮いて中が空洞になったりするはずですよね。

 

これにもカリモクの職人による卓越した技が秘められているからこそ実現できているんです。

 

 

張地の合わせ部分と木部の角のラインをきれいに繋げるのが非常に難しいそうです。

 

気になる座り心地はと言うと、従来のカリモクソファに比べると少し硬めです。

 

硬いといっても腰やお尻が痛くなるとかじゃなく、程よい心地よさの硬さ。

 

なので立ち上がりが楽です。

 

軟らかいと逆に姿勢が悪くなって腰に負担がかかりますからね。

 

 

 

さらに感動的だったのは、斜めにもたれかかったときの背中・腰・肘のフィット感!!!!

 

自分の体に自然にフィットしてきて、

 

いい意味で 『なんじゃこりゃ~!』  です。まるで自分のために作られたかのようです。

 

木が当たってる感じがしないんです。

 

『ミカミさん、それ大袈裟でしょー』って思ってるそこの方、

 

何も盛ってません!だって本当のことだから。

 

書いてたら私が欲しくなってきました😅

 

 

 

カラーは2色展開。

クンスト| 1 Seater Sofaカリモク・クンスト| ラウンジチェア

 

画像:https://www.architonic.com/es/product/karimoku-kunst-kunst-1-seater-sofa/1541108より引用

2人掛けソファ(ブラック)450,000円 1人掛け 280,000円 スツール 120,000円

2人掛けソファ(コーラル) 467,000円   1人掛け  291,000円 スツール 125,000円

 

 

これは絶対ショールームでお試しいただきたいです。座り心地にびっくりしますよ。

 

 

【マテリアル】はこれまでなかった張地でコーデュロイ生地が入ってきました。

 

ナイロン素材なので起毛が寝てしまって跡が白く残ってしまうということがありません。

 

(よく、小学生のときにいたコーデュロイのズボンのひざあたりが白くなってるってゆうアレのことw ちなみに私のことですけど何か?)

 

 

また、『ソフトグレイン』という1.7ミリ厚のボリュームとソフト感ある革張地もデビュー。

 

型押しなので独特のムラがなく表面が均一な革です。

 

 

 

【シェア】は空間のスタイルをご提案。

 

同じ場所で過ごす時間や体験、お互いのかかわりを分かち合う

 

” シェア空間 ” の作り方、楽しみ方を教えてくれる家具が出来ました。

 

思い思いの時間を一つのテーブルで自由にシェアすることで、

 

家族のコミュニケーションも自然と生まれていきます。

 

会話が増えるっていいですよね👨‍👨‍👧‍👦

 

 

 

ご紹介した商品はお近くのショールームにございますのでご案内します。

 

ご興味ある方はリビングコンシェルジュHPのメールフォームからご連絡下さい。

 

 

 

前回のブログでも紹介しておりますイベント

 

フランスベッド大感謝祭2018

6/23日(土)・24日(日)

東京ドームプリズムホールにて開催します。

招待状が無いよーという方、

↓↓↓この画像を受付でお見せいただき、『西武開発の紹介です』と仰ってくださいね。

 

 

 

ご家族お友達もお誘い合わせの上ご来場下さい!

 

 

当日ミカミもお待ちしております😊

待ちに待ったカリモク家具納品!!

  • カリモクのこと

こんにちは😀

リビングコンシェルジュのミカミです。

 

関東も梅雨に入り、ジメジメと戦わねばならない季節に突入しました💦

🌞晴れの日が恋しく憂鬱ですが乗り切っていきましょう。

 

さて、昨日ですが、

先日当社でカリモク家具をご注文いただいたH様のご新居にて納品に立ち会いました。

 

カリモク家具のお台場ショールームで以前にご案内させていただき、

 

このたび素敵なおうちにお届けとなりました✨✨✨

 

ソファ

リビングテーブル

ダイニングテーブル

ダイニングチェア×7脚

 

厳重に梱包された家具達がH様のお宅に到着。

 

配送員の方が丁寧に開梱と設置をしてくれました。

無駄のない手際の良さと早さにもびっくり😲

 

厚天板の大きなダイニングテーブルは8脚のチェアを並べてもゆったり掛けられます。

ウォールナットの木目がなんとも味わい深いですね。

天然木ならではです。 床材とのバランスもバッチリ!!

 

こちらは40㍉の厚みある無垢板を6枚使って天板が構成されています。

製品になったときに反りや狂いを抑制させるため、

板材は生木の状態から半年~1年天然乾燥させてから

さらにシーズニングと呼ばれる1ヶ月の乾燥工程を経て天板材料となります。

原材料の時点から多くの時間と手間をかけて製品となり、お客様の元に届くのですね。

 

ダイニングチェアも、H様がショールームでいくつもの種類に座ってお試し頂き、

選ばれたのがこちらのCU61モデルです。

(画像:カリモク家具HPから引用)

大きな木に包まれるような曲げ木の背もたれと、

500㍉を超えるシート幅で広々とした座面で、長時間座っていても疲れにくいのも特長です。

 

そしてリビングコーナー。

ソファはカリモクNo.1の人気商品、ZT73モデルです。

 

背もたれが後頭部まで支えてくれるので、肩や首にも負担がかからず安定した姿勢を保てます。

張地は本革張りのグレイッシュブラウン。

明るすぎず暗すぎないので人気のカラーです。

 

テーブルはTUシリーズです。

すっきりとシャープなデザインですね。

ダイニングテーブルと同じウォールナット材です。

 

素敵に統一されたLD空間がまた一つ生まれました😊✨

納品に立ち会えて貴重な時間となりました。

 

H様、この度は誠にありがとうございました。

 

それではでは👋

 

朗報!! 年に一度のこの時がやってまいりました!

  • カリモクのこと

こんにちは! リビングコンシェルジュ インテリア事業部の三上です。

 

皆様GWは楽しくお過ごしでしょうか。

天気に恵まれる日が多く、色んなところにお出かけになった方も多いのでは?

 

日中は半袖で充分な気温の日もありますが、朝晩はひんやりしていますので、

気温差で風邪引かないようにして下さいね。(実際私が寝込みましたので・・・)

 

さて、前回のブログでも最後に少し触れましたが、

 

 

今回のお知らせは、

カリモク家具 多摩ショールームで行われるイベントのお知らせです!

5月25日(金)・26日(土)・27日(日) 

 

ショールーム展示品が7月に入替えの関係で、

 

この三日間に限り、リフレッシュクリアランスを開催します。

 

 

国内生産にこだわり、高品質、耐久性に非常に優れたカリモク家具。

 

ショールームでその品質・快適さをお確かめください。

 

1点もの多数で早い者勝ち。迷ってるうちに無くなってしまうかもしれません。

 

さらに・・・西武開発だけの特典もご用意してお待ちしております。

もちろんご家族・ご友人でもOKですよ~

 

 

昨年、初日の朝はオープン前から並んで待っている方も数名いらっしゃいました。

 

それだけ皆さん心待ちにしているイベントなんですね。

 

 

当社では担当をつけて丁寧な対応を心掛けておりますので、是非下記へご予約下さいますようお願い致します。

 

ご予約は    0120-543-777    メール   mikami@livicon.jp

 

 

ご来場の際は是非お持ちいただきたいものがあります!!!

それはおうちの間取図 ↓↓

図面が有る無しで、選ぶ家具サイズも適正なものが把握できます。

 

また、配置したい場所を撮影した画像を数枚ご用意いただけると

 

さらにバランスを考慮しながらの家具選びをご提案できます。

 

★ 図面

 

★ 配置予定場所の画像

 

★ 上の招待状画像(スクリーンショットOK)

 

この3点セットをお持ちいただくことが理想のインテリアの近道です。

 

 

年に一度の貴重な機会です。 是非お気軽にご来場下さい!

 


TOP