リビングコンシェルジュブログリビングコンシェルジュブログ

2018-11-27
  • 快適な生活

こんにちは

 

 

ローソンの『悪魔のおにぎり』の虜になっているミカミです🍙💕

 

 

知ってますか?悪魔のおにぎり。

揚げ玉・青のりと天つゆを混ぜたおにぎりなのですが、

シンプルな具材なのに

 

『ナニコレ!うんまっっっ!!』

 

 

パッケージにあるとおり、ホントに"悪魔的なうまさ"です。。。

立て続けに食べたくなりました。

 

それからは何度もリピです😆 もう完全にやみつき(笑)

 

 

 

すごい人気でネットでも話題になってますよね🖥

 

先日、おにぎり売り場では悪魔のおにぎりだけで5列を占めているという衝撃的な光景に出くわしました。

 

が! 今は売れすぎて店舗に5つしか仕入れられないという制限までかけられているそうです。

 

これも悪魔のせいなのか・・・

 

 

そのままでも美味しいですが、

やっぱり温かいほうがより美味しいので、レジで温めてもらって是非お試しください😍

 

税込110円のひと時のしあわせです✨✨✨

 

見つけられたら超ラッキーなので即買いですよ!!!

 

 

 

 

さて、今日のテーマは・・・

 

テレビの最適な視聴距離テレビとテレビ台のバランスについてのおはなしです📺🛋

 

 

『そんなに近くでテレビ見てたら目が悪くなるよ!』

 

皆さんの小さい頃、こんなことを言われた経験ある方多いと思います。

 

ええ、ご多分に漏れず私も😓

 

 

でも調べたら、視力に影響が出るという科学的根拠は無いらしいです。

 

だからといって、『じゃあ近くで見ても大丈夫なのか~』 という安易な発想は危険ですが。

 

 

でもやっぱり近すぎると見づらいですよね。

 

眼球は対象物の焦点を合わせようと、毛様体という筋肉を収縮させてレンズ(水晶体)の厚みを変えるのです。

テレビ画面の中の対象物は遠くなったりズームになったりするので、

 

ピント調節のたびに毛様体を動かすので、人によっては眼精疲労を起こすわけです。

 

 

近いと見えづらいのは無意識に目が疲れてくるから・・・ということですね。

 

 

ですからテレビとの視聴距離は程よく開けた方が良いことがわかります。

 

 

 

ここで質問をします。

 

 

 

『 おうちのテレビ、何インチですか?』

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 


TOP